お問合せメールフォームへ

水性塗料中の総揮発性有機化合物の分析

納期
10営業日

注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。

  1. Home
  2. 分析事例の紹介
  3. 水性塗料中の総揮発性有機化合物の分析

水性塗料中の総揮発性有機化合物の分析について

従来の塗料は、油性塗料として主成分に溶剤系のものが使用されていました。しかし、溶剤系塗料に含まれる揮発性有機化合物(VOC)が光化学オキシダントやSPM(浮遊粒子状物質)の原因になり、健康被害も懸念されることから、水性塗料が普及しました。

環境負荷の少ない水性塗料ですが、数%程度のVOCを含んでいる場合があり、塗料を乾燥する際に水の他にVOCが揮発します。そのため日本塗料工業会では、水性塗料中の総揮発性有機化合物の目標基準(暫定値)として、1%以下としています。

有害性のリスクを低減し、環境や人の健康に配慮するためにも、水性塗料中の総揮発性有機化合物の分析を推奨いたします。
当社では、水性塗料中の総揮発性有機化合物の分析の実績がございます。
お気軽にお問い合わせください。

分析項目


 項目名
 基準※
 分析方法
 総揮発性有機化合物
(トルエン換算)
1%以下
 加熱脱着-GC/MS法

 

※日本塗料工業会 健康リスクに対する建築用塗料の目標基準(暫定値)

分析方法

総揮発性有機化合物の量は、JISの定義に基づき、n-ヘキサンからn-ヘキサデカン
までの範囲で検出されたピーク面積の総和をトルエンに換算して求めます。



お問合せへ