お問合せメールフォームへ

絶縁油中PCB分析
 -PCB簡易測定法対応 微量(低濃度)PCB検査機関-

納期:通常5営業日(試料到着後、5営業日で報告書を発送いたします。)
    速報最短3営業日
    更にお急ぎの場合には、ご相談ください。
注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。

  1. HOME
  2. 絶縁油中PCB分析
  3. 絶縁油中PCB検出状況(当社分析結果より)

電気機器中の絶縁油中PCB検出状況

1990年以降製造の電気機器でも絶縁油の交換等が原因と思われるPCB検出事例があります。
そこで、環境省・経済産業省では、PCB混入の可能性を完全には否定できない場合には、PCB混入の可能性の有無について確認することとしています。


下記は当社で分析した結果の一部を年代別にまとめたものです。

製造年 国内状況 検体数
濃度(mg/kg)
PCB製造 再生絶縁油 電気機器出荷時の
PCB混入の可能性
0.1未満 0.1以上
0.5以下
0.5超
 

1953年
なし 製造あり なし 54 8 12
1954年

1972年
あり 製造あり あり 3190 1397 3228
1973年

1989年
なし 18441 3934 6089
1990年

2002年
なし 製造なし 低い 7827 89 35
2003年
なし 非常に低い 679 9 0

PCB混入はないと判断されている1990年以降に製造された電気機器であっても1.5%程度の機器においてPCBが検出(0.1mg/kg以上)されています。
(当社分析結果:簡易測定法マニュアル2.1.2で分析を行った2010年1月~2013年10測定分44,992検体より)


電気機器製造時に、PCB混入はないとされている電気機器

  • 1953年以前に製造された電気機器 (PCB国内製造がないため)
  • 1990年以降に製造された電気機器 (再生絶縁油の製造がないため)

電気機器製造時に、
微量のPCBが混入した可能性がある絶縁油を使用した電気機器

  • 1954年から1989年の間に製造された再生絶縁油※1を使用した電気機器
  •  
  • 1954年から1989年の間に製造された新油絶縁油で、再生絶縁油と製造ライン、貯蔵タンク、 タンクローリー等が共用であった新油絶縁油※2を使用した電気機器

電気機器製造後の保守等における油入替え、つぎ足し等において、
微量のPCBが混入した可能性のある絶縁油を使用した電気機器

  • 1989年以前に製造された電気機器で、上記※1、※2、又は※2で1990年以降も流通し、保守等に使用された新油絶縁油※3を油入替え、 つぎ足し等において使用された電気機器
  • 1990年以降に製造された電気機器で、※3を油入替え、つぎ足し等において使用された電気機器

※ PCB濃度が0.5mg/kgを超えた場合には、PCB特別管理廃棄物となり2027年3月31日までに自ら処分するか若しくはPCB処理業者へ処理を委託しなければなりません。

※ 上記データは当社での分析結果をまとめた資料であり、電気機器へのPCB混入状況との照らし合わせを行ったものではありません。

お問合せへ