絶縁油中PCB分析
 -PCB簡易測定法対応 微量(低濃度)PCB検査機関-

納期:通常5営業日(試料到着後、5営業日で報告書を発送いたします。)
    速報最短3営業日
    更にお急ぎの場合には、ご相談ください。
注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。

  1. HOME
  2. 絶縁油中のPCB分析
  3. PCB混入の可能性

使用している変圧器等に微量PCB混入の可能性

わが国のPCBは1972年(昭和47年)以降その製造が禁止されています。
しかし、社団法人日本電気工業会の調査により、製造禁止以降の変圧器等の絶縁油から微量PCBが検出されたとの報告がありました。


なぜ検出されたか?

PCBは絶縁性や不燃性等の特性から、一部がリサイクル油として全国の絶縁油中に再生利用されました。
柱状変圧器のPCB問題があった1989年まで油メーカー及び機器メーカーはPCB分析を行っておらず、 またユーザーの保守履歴も十分ではなかったため、どの地点で混入されたか判明しないまま混入汚染が拡大していきました。  1990年以降は、再生油の生産が中止され、機器メーカーは新油のみを使用していること、 及び絶縁油メーカーは絶縁油出荷時にPCB分析を実施していること等から絶縁油に対する品質管理が強化されているため、 混入の可能性が著しく低下してきました。つまり・・・1990年を軸として1972年に近づくほど危険であり、現在に近づくほど安全になります。

お問合せへ