お問合せメールフォームへ

放射性物質の測定

納期
お問い合わせ下さい

注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。
  1. HOME
  2. 放射性物質の測定

東日本大震災による福島第一原発事故を受け、放射性物質測定の需要が高まっています。
当社では風評被害防止のために各種測定方法により放射線測定に対応してまいります。


お知らせ

・農林水産省のホームページ「輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関」に
民間検査機関として掲載されました。
・放射能測定におけるISO/IEC 17025の認定(認定機関:JAB)を追加取得しました。

測定内容

● NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータによる放射能の測定

平成24年4月1日より適用された食品中の放射性物質に係る基準値に対し、基準値よりも確実に低い検体を判別するためのスクリーニング法である 「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」において例示されている方法です。


※測定結果がスクリーニングレベル(50Bq/kg)より大きい場合は、 ゲルマニウム半導体を用いたガンマ線スペクトロメトリー等による試験法により検査結果を確定する必要があります。

測定項目 放射性セシウムの測定
対象 畜産物等の食品(その他についてはご相談下さい)
単位 Bq/kg
測定装置 NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ
必要サンプル量 20ml~測定可能
※試料量についてはご相談ください
NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ   NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ



● ゲルマニウム半導体検出器を用いた
  ガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析

平成24年4月1日より適用された乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年厚生省令第52号。) 及び食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号。)に定められた放射性物質の基準値の判定に用いることが出来る測定です。


測定項目 ガンマ線放出核種ごとの含有量
(ヨウ素-131,セシウム-134,セシウム-137)
ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメーター
対象 水、食品等(その他についてはご相談下さい)
単位 Bq/kg
測定装置 ゲルマニウム半導体検出器を用いた
ガンマ線スペクトロメーター
必要
サンプル量
液体:2L
個体:300~400g
※足りない場合はご相談ください

○食品中の放射性物質に係る基準値

区分 基準値
飲料水 ミネラルウェーター類
(水のみを原料とする清涼飲料水)
10 Bq/kg
飲用茶
(茶を原料とする清涼飲料水及び飲用に供する茶 ※1)
牛乳 乳及び乳製品の成分規格などに関する省令
(昭和26年厚生省第52号)第2条第1項に規定する乳及び同条第40項に規定する乳飲料)
50 Bq/kg
乳児用食品 乳児の飲食に供することを目的として販売する食品 50 Bq/kg
一般食品 上記以外の食品 ※2 100 Bq/kg
※1 飲用に供する茶については、原材料の茶葉から浸出した状態に基準値を適用。
※2 乾しいたけ、乾燥わかめなど原材料を乾燥し、通常水戻しをして摂取する乾燥きのこ類、乾燥海藻類、乾燥魚介類、 乾燥野菜については原材料の状態と水戻しを行った状態に基準値を適用。 また、食用こめ油の原材料となる米ぬか及び食用植物油脂の原材料となる種子については、原材料から抽出した油脂に基準値を適用。


● GM計数管式サーベイメータによる放射線量の測定

原発事故に起因する放射性物質の拡散により、急増している工業製品や輸出貨物に関しての放射線測定の要求や、 風評被害防止のため、製品の放射性物質による汚染を自主的に行う場合等に適した測定になります。


※この測定による結果が、必ずしも納入先の要望に対応するものではありません。
この方法による測定結果が受け入れ可能であるか事前に納入先へのご確認をお願いいたします。

測定項目 放射線量 GM計数管式サーベイメータ
対象 工業製品
単位 cpm,μSv/h
測定装置 GM計数管式サーベイメータ
必要
サンプル量
試料の性状・形状により異なります。
ご相談ください。

お問合せへ