お問合せメールフォームへ

レジオネラ属菌

納期
12営業日

注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。

  1. HOME
  2. 細菌検査
  3. レジオネラ属菌
  4. 加湿器・加湿装置

加湿器・加湿装置

 加湿器(家庭用:卓上型や床置き式のもの)や加湿装置(空気調和設備に組み込まれているもの)は、 一般家庭や病院、老人福祉施設、ビル、商業施設など、様々な施設の居住者や施設利用者の健康と快適性を守る為、空気調和の加湿目的で設置されます。

◎検出状況

 加湿器や加湿装置からの検出は、事例報告数は少ないものの、死亡者も出ている状況にあります。検出している施設としては、病院と老人福祉施設が中心となっています。
加湿方法には水噴霧式、気化式、蒸気噴出し式などがあります。中でも水噴霧式においては、加湿器・加湿装置内の水を超音波振動や遠心力によって噴霧する為、水がレジオネラ属菌で汚染されている場合には、室内空気もレジオネラ属菌で汚染される事となり、感染リスクが高まると考えられます。

◎汚染・増殖条件

  • 加湿器、加湿装置内での長時間の水の滞留
  • 加湿器、加湿装置内でのバイオフィルムの生成
  • 加湿器、加湿装置の清掃、維持管理不足
  • などがあげられます。

◎防止策

  • 加湿装置に使用する水
     水道法第四条に規定する水質基準に適合している水を使用して下さい(水質基準は「水質基準に関する省令(厚生労働省令第百一号)」内で検査項目と基準が定められています。(詳しくはコチラ)。もし、使用する水が水質基準に適合していない場合、適合させるために必要な措置を講ずることが必要となります。

  • 加湿装置の維持管理
     冷却塔の使用開始時と、運転中は1ヶ月以内毎に定期的な点検を実施し、必要に応じて清掃、換水を行います。
    また、必要に応じて殺菌剤を投与し、微生物や藻類の増殖を抑制します。
    特に上記の「要注意対象」の冷却塔の場合、点検頻度を増やすなど注意が必要になります。

  • 加湿器の維持管理
     タンクの水は毎日完全に換えると共にタンク内を清掃し、加湿器にバイオフィルムを生成させないようにします。

◎対策のPoint

  • 水道法に規定する水質基準に適合する水を使用する。
  • 水噴霧式の加湿器・加湿装置は特に注意が必要。。
  • 定期的な点検・水抜き・清掃を行います。

※法令、条例、指針などに関しましてはレジオネラ属菌のTOPページのリンクを参考にしてください。

お問合せへ