お問合せメールフォームへ

HPLCによるアゾジカルボンアミドの定量

納期
10営業日

注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。

  1. Home
  2. 分析事例の紹介
  3. HPLCによるアゾジカルボンアミドの定量

アゾジカルボンアミドとは

アゾジカルボンアミド(CAS No.123-77-3 以下、ADCA)は、ゴムやプラスチックなどに使用される発泡剤です。2012年12月19日の欧州化学物質庁(ECHA)のプレスリリースにより、第8次のSVHC追加候補物質としてADCAを含む54物質の追加が発表されました。  
欧州では、製造や輸入される化学物質だけでなく、アーティクル(成形品)中に0.1重量%以上含む場合は、REACH規則により、届出及び情報伝達の要求を満たさなければなりません。

分析方法

試料を可溶溶媒にて抽出を行い、高速液体クロマトグラフ(以下、HPLC)にて定量分析を行います。ADCAは、200℃付近で熱分解し発泡するため、分析機器等によって高温がかかると熱分解を起こし、定量すべき物質が変化してしまいます。また、ADCAは一定の溶媒(N,N-ジメチルホルムアミドやジメチルスルホキシド等)に対してのみ限られた溶解性があります。  
上記の事を踏まえ、当社では、検討を重ねた結果、ADCAの測定方法を開発しました。

分析項目


 項目名
 定量下限
 分析方法
 アゾジカルボンアミド
 0.01%
 溶媒抽出-HPLC法


お問合せへ