お問合せメールフォームへ

排出水の分析

納期
2~5営業日

注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。

  1. HOME
  2. 排水分析

排出水の種類

事業所から放流する水の分析は放流先によって、規制の係る法律が異なります。河川や湖沼などの公共用水域に排出する場合は、水質汚濁防止法、下水道に排除する場合には、下水道法が適用されます。この法律の違いによって、測定頻度や測定項目、基準値などが異なってきます。さらに、事業所から排出される水の流量や所在地(条例)によってもこれらは異なります。

 

画像 下水道法 水質汚濁濃度規制 水質汚濁総量規制

 

 

また、下水道法や水質汚濁防止法について、各都道府県、市町村において地域特性を踏まえた条例が存在します。これらの条例に関しては、下水道法、水質汚濁防止法より厳しくなっていることが多く、なお、諸条件に該当する場合にはこの条例を遵守する必要があります。

尚、当社では上記の法律に基づいた水質分析はもちろんの事、それ以外の分析にも対応しております。 例えば、原水・工程排水の分析等も、工場排水試験方法(JIS規格)等に基づいて分析を行っています。排水管理において、このような規制のない分析をされる事例が、環境への関心の高まりと共に増えています。

 

  • 下水道のページへ
  •  

  • 水質汚濁防止法(濃度規制)のページへ
  •  

  • 水質汚濁防止法(総量規制)のページへ
  •  

  • 管理としての排水分析や、分析事例についてのページへ
  •  

    排出水分析の取組みについて

    多検体、短納期 各分析において自動化を取り入れ、多検体をこなす体制を作っております。  そのため、短納期にて結果を出すことが可能です。

    例.BOD自動測定装置

     

    ○各種速報について

    結果が出たものに関して、速報にてお知らせすることが可能です。 結果が揃ったらすぐ知りたい、基準を超過したら知らせて欲しいなど、お客様のご要望に合わせて結果をお伝えすることが可能です。

     

    ○Webシステム

    当社のWEBシステムを登録・ご利用いただくことで、結果の確認がすぐに行えます。 また、基準超過時の自動送信メールや分析完了時のお知らせメールの機能もあります。

     

    ○Webシステムで他にもこんな事が出来ます。

    ・結果の確認

    担当者がデータを確定すると、Web上でお客様が自ら確認出来る状態になります。 結果が気になる項目等、問い合わせを行わずともリアルタイムで確認が出来ます。

     

     

     

    ・データをCSVに出力

    汚濁負荷量の報告書作成や、自社排水の管理などに便利です データをCSVに出力することで手入力による負荷や間違いを削減できます。

     

     

    ・グラフの表示

     

    データの傾向を視覚的にとらえることが出来ます。 自社排水の管理やエンドユーザー様へのご説明・ご提案などにも便利です また、管理においては季節変動や他項目との相関により、基準超過の原因の予測等にも役立ちます。

     

    当社ではお客様のニーズにあった分析の提案から、結果報告、アフターフォローまでのサポートはもちろん、内外部精度管理等の実施により高い精度を維持し、 また1日に100検体以上の分析を行える体制を整えており、スピーディな分析結果の報告も行っております。 是非一度ご相談下さい!

    お問合せへ