お問合せメールフォームへ

飲料水検査

納期
3~5営業日

注)営業日とは、土日、祝祭日及び、当社が特別に定めた休日を除いた日になります。

  1. HOME
  2. 飲料水検査

現在、水道の安全性が注目されています。水道は人の生活に必要不可欠な存在です。 水道法では「清浄な水」を確保する為、水質基準を設けて安全性の確保を行っています。 当社では水道法の水質基準全項目(51項目)の分析を行っており、短納期(3日~5日)の体制を整えております。

分析項目

項目名 基準値 検査方法(当社)
一般細菌 1mLの検水で形成される集落数が
100以下であること
標準寒天培地法
大腸菌 検出されないこと 特定酵素基質培地法
カドミウム及び
その化合物
カドミウムの量に関して、
0.003mg/L以下
ICP‐MS法
水銀及びその化合物 水銀の量に関して、
0.0005mg/L以下
還元気化‐原子吸光光度法
セレン及びその化合物 セレンの量に関して、
0.01mg/L以下
ICP‐MS法
鉛及びその化合物 鉛の量に関して、0.01mg/L以下 ICP‐MS法
ヒ素及びその化合物 ヒ素の量に関して、0.01mg/L以下 ICP‐MS法
六価クロム化合物 六価クロムの量に関して、
0.05mg/L以下
ICP‐MS法
亜硝酸態窒素 0.04mg/L以下 イオンクロマトグラフ法
シアン化物イオン及び
塩化シアン
シアンの量に関して、
0.01mg/L以下
イオンクロマトグラフ‐ポストカラム吸光光度法
硝酸態窒素及び
亜硝酸態窒素
10mg/L以下 イオンクロマトグラフ法
フッ素及びその化合物 フッ素の量に関して、
0.8mg/L以下
イオンクロマトグラフ法
ホウ素及びその化合物 ホウ素の量に関して、
1.0mg/L以下
ICP‐MS法
四塩化炭素 0.002mg/L以下 P&T GC‐MS法/HS GC‐MS法
1,4-ジオキサン 0.05mg/L以下 固相抽出‐GC‐MS法
シス-1,2-ジクロロエチレン
及び
トランス-1,2-ジクロロエチレン
0.04mg/L以下 P&T GC‐MS法/HS GC‐MS法
ジクロロメタン 0.02mg/L以下 P&T GC‐MS法/HS GC‐MS法
テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下 P&T GC‐MS法/HS GC‐MS法
トリクロロエチレン 0.01mg/L以下 P&T GC‐MS法/HS GC‐MS法
ベンゼン 0.01mg/L以下 P&T GC‐MS法/HS GC‐MS法
塩素酸 0.6mg/L以下 イオンクロマトグラフ法
クロロ酢酸 0.02mg/L以下 溶媒抽出‐誘導体化-GC‐MS法
クロロホルム 0.06mg/L以下 P&T GC‐MS法/HS GC‐MS法
ジクロロ酢酸 0.03mg/L以下 溶媒抽出‐誘導体化-GC‐MS法
ジブロモクロロメタン 0.1mg/L以下 P&T GC‐MS法
/HS GC‐MS法
臭素酸 0.01mg/L以下 イオンクロマトグラフ‐ポストカラム吸光光度法
総トリハロメタン 0.1mg/L以下 P&T GC‐MS法
/HS GC‐MS法
トリクロロ酢酸 0.03mg/L以下 溶媒抽出‐誘導体化-GC‐MS法
ブロモジクロロメタン 0.03mg/L以下 P&T GC‐MS法
/HS GC‐MS法
ブロモホルム 0.09mg/L以下 P&T GC‐MS法
/HS GC‐MS法
ホルムアルデヒド 0.08mg/L以下 溶媒抽出‐誘導体化‐GC‐MS法
亜鉛及びその化合物 亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下 ICP‐MS法
アルミニウム及び
その化合物
アルミニウムの量に関して、
0.2mg/L以下
ICP‐MS法
鉄及びその化合物 鉄の量に関して、0.3mg/L以下 ICP法
銅及びその化合物 銅の量に関して、1.0mg/L以下 ICP‐MS法
ナトリウム及び
その化合物
ナトリウムの量に関して、
200mg/L以下
イオンクロマトグラフ法
マンガン及びその化合物 マンガンの量に関して、
0.05mg/L以下
ICP法/ICP‐MS法
塩化物イオン 200mg/L以下 イオンクロマトグラフ法
カルシウム、マグネシウム等(硬度) 300mg/L以下 イオンクロマトグラフ法
蒸発残留物 500mg/L以下 重量法
陰イオン界面活性剤 0.2mg/L以下 固相抽出‐HPLC法
ジェオスミン 0.00001mg/L以下 P&T GC‐MS法
2-メチル
イソボルネオール
0.00001mg/L以下 P&T GC‐MS法
非イオン界面活性剤 0.02mg/L以下 固相抽出‐吸光光度法
フェノール類 フェノールの量に換算して、
0.005mg/L以下
固相抽出‐誘導体化‐GC‐MS法
有機物(TOCの量) 3mg/L以下 全有機炭素計測定法
pH値 5.8以上8.6以下 ガラス電極法
異常でないこと 官能法
臭気 異常でないこと 官能法
色度 5度以下 透過光測定法
濁度 2度以下 積分球式光電光度法

その他の情報

関係法令

当社発行資料pdf

よくあるご質問

Q1: なぜこんなに多種多様な容器に採水しなければならないのでしょうか?
A1: 水質基準の項目によっては、ポリ容器やガラス容器へ吸着したり、容器の材質から溶出したりすることがありますので、それぞれの基準項目に適した容器が必要になります。
Q2: 水道水に色がつく原因はなんですか?
A2: 原因として金属による発色、細菌による発色などが考えられます。詳細は、当社発行のザ・ナイツレポートNo.05008をご覧下さい。
Q3: 基準値を超過したら飲めますか?
A3: 水質基準項目の中には、人への健康影響を加味して設定されているものがあります。水質基準を超過した水を飲み続けることで、人の健康に被害を与えることも考えられます。飲まないほうがよろしいかと思います。また、第3者へ飲み水を供給する場合には、水質基準をクリアしたものでなければなりません。
Q4: どのような検査項目をどのような頻度で検査すれば良いですか?
A4: 水道法では、飲用の適否を判断する為に51個の検査項目があります。頻度としては、毎月9項目と年4回51項目の検査となります。検査の結果によっては、検査項目数を減ずる事が出来ます。詳細は、ザ・ナイツレポート No.08003-1.2No.08004-1.2.3をご覧下さい。
Q5: 建築物衛生法で定められている年1回の測定は、なぜ6月から9月までの間に行なわなくてはいけないのですか?
A5: ここで測定する項目は消毒物副生成物と呼ばれる物質です。これらは水の消毒を行なった際に生成される物質なのですが、水温が高くなるにつれ生成量が増えてしまいます。つまり、年間で気温の高い6月から9月が最も多く生成されるので、この時期の値を把握しておく必要があるのです。

当社発行小冊子「水道法のいろは」

“水道法を読んでも、用語、基準、検査頻度がどこに書いてあるか分からない”、このように思ったことはありませんか?!
新たに水質管理のご担当になられた方や、これから内容を把握しようと考えておられる方、是非、一度この小冊子をご覧下さい!!

 → お申込はこちら

お問合せへ